忍者ブログ
『ソード・ワールド2.0』の制作日誌ブログ! ルールブックⅠ改・Ⅱ改・Ⅲ改、EXは絶賛発売中★
当ブログについて
 当ブログは、グループSNEが管理する、『ソード・ワールド2.0』制作日誌紹介、公式ブログです。
 SW2.0の商品、ルールに関するご意見、ご質問などはGroup SNE Official Siteまでお寄せください。当ブログに質問を送られても、それには一切回答いたしません。あしからずご了承ください。
 ブログに関するおたよりは、当ブログのメールフォームをお使いください。
 当ブログはリンクフリーとなっております。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
カウンター
★最新情報★
★2016年7月の新刊情報★
●『ソード・ワールド2.0 バルバロスブック』
著:北沢慶/グループSNE

★『ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット:拡張パック 妖精使い&拳闘士』好評発売中!★


ミストキャッスル他のリプレイを解禁!
一部サプリメント、シナリオ集のネタバレリプレイの創作を解禁しました
くわしくはコチラ
必ずお読みください

TweetsWind
お役立てください
■ダウンロード
シート類のPDFを無料でダウンロード
ダウンロードはこちらから

★最新版キャラクターシート
(富士見書房公式 TRPG ONLINE様より)

■お知らせ
★エラッタ
★Q&A
おたよりください
Powered by NINJA TOOLS

※ルールに関する質問等はコチラ→★
ブログ内検索
バーコード
[421] [420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413] [412] [411
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆さんこんにちは。
今週も暫定Q&Aを更新していきます。
今週は姿を変化させたり、隠れたりするPCの種族についてのQ&Aです。
これらの解答は、他の種族の種族特徴(蛮族PCなど)の解決の際にも、参考にしてみてください。



Q:ミアキスの種族特徴[猫変化]やレプラカーンの種族特徴の[姿なき職人]など、MPを消費することで発揮される種族特徴は戦闘特技《マナセーブ》によって、消費MPが軽減されますか?
A:はい、軽減されます。またMP消費をHPで代用する効果を持つ〈メイガス〉なども有効です。ただし魔法行使時のMP消費を軽減するとある戦闘特技《MP軽減/**》や〈ブラックロッド〉などは無効です。
関連項目:【イグニスブレイズ】【ルミエルレガシィ】【種族特徴】[ミアキス][レプラカーン]

 

Q:ミアキスの種族特徴[猫変化]による変化の効果や、レプラカーンの種族特徴[姿なき職人]による透明化の効果は、【ディスペル・マジック】や《ワードブレイク》などで解除されますか?
A:いいえ、ミアキス、レプラカーンのいずれも、種族特徴の効果はこれらの魔法や戦闘特技では解除されません。
関連項目:【イグニスブレイズ】【ルミエルレガシィ】【種族特徴】[ミアキス][レプラカーン]

 

Q:PCがミアキスの[猫変化]やレプラカーンの[姿なき職人]で変化したり、隠れたりしている状況を魔物や他のNPCなどが見破りたい場合、決定的な証拠が提示できなければ、PCの変化や隠れている状況は明かされることはありませんか?
A:PC側が明らかに不利な状況とみなされる場合、GMの判断によって判定による解決を試みても構いません。
 [猫変化]や[姿なき職人]に限らず、PCが明らかに怪しい言動や行動によって、魔物や他のNPCなどに怪しまれる状況となった場合、それを回避しようとするPCが試みるのは「真偽判定」(⇒『Ⅲ改』86頁)となります(PCが受動側として扱われます)。目標値はGMが決定しても構いませんが、達成値の比べあいを行なう場合、(能動側となる)魔物やNPCは「レベル」か「魔力」を基準値として達成値を求めます。PCが有利な結果となれば、魔物やNPCをうまくごまかせたり、気を逸らせたりなどして、状況に変化はありません。魔物やNPC側が有利な結果となれば、変化したり隠れたりしている、PCの正体や所在が明らかになります。
関連項目:【イグニスブレイズ】【ルミエルレガシィ】【種族特徴】[真偽判定][ミアキス][レプラカーン]

 

PR
Copyright (C) 2009 SNEのソード・ワールド2.0な日々, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]