忍者ブログ
『ソード・ワールド2.0』の制作日誌ブログ! ルールブックⅠ改・Ⅱ改・Ⅲ改、EXは絶賛発売中★
当ブログについて
 当ブログは、グループSNEが管理する、『ソード・ワールド2.0』制作日誌紹介、公式ブログです。
 SW2.0の商品、ルールに関するご意見、ご質問などはGroup SNE Official Siteまでお寄せください。当ブログに質問を送られても、それには一切回答いたしません。あしからずご了承ください。
 ブログに関するおたよりは、当ブログのメールフォームをお使いください。
 当ブログはリンクフリーとなっております。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
カウンター
★最新情報★
★2016年7月の新刊情報★
●『ソード・ワールド2.0 バルバロスブック』
著:北沢慶/グループSNE

★『ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット:拡張パック 妖精使い&拳闘士』好評発売中!★


ミストキャッスル他のリプレイを解禁!
一部サプリメント、シナリオ集のネタバレリプレイの創作を解禁しました
くわしくはコチラ
必ずお読みください

TweetsWind
お役立てください
■ダウンロード
シート類のPDFを無料でダウンロード
ダウンロードはこちらから

★最新版キャラクターシート
(富士見書房公式 TRPG ONLINE様より)

■お知らせ
★エラッタ
★Q&A
おたよりください
Powered by NINJA TOOLS

※ルールに関する質問等はコチラ→★
ブログ内検索
バーコード
[425] [424] [423] [422] [421] [420] [419] [418] [417] [416] [415
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆さんこんにちは。
今週も暫定Q&Aを更新していきます。
今週は鼓砲の用法に関する質問と解説です。
鼓砲に関しては、来週も少し追加で補足していくつもりです。



Q:仲間のキャラクターがランク1の鼓砲を行使しているときに自身が範囲外にいた場合、その後に効果範囲内に入ったとしても、ランク2以上の効果は受けられますか?
A:はい、受けられます。鼓砲の制限は使用者である軍師のキャラクターが1ランクから引き上げる形で使用しなければならないだけで、仲間であるPCが途中から効果範囲に入ることで、その時に使用されている高ランクの鼓砲の効果を受けることは可能です。

 

Q:仲間のキャラクターが鼓砲4ランク【怒涛の攻陣Ⅳ:爆焔】を使用しました。その効果を受けた後、自身が覚醒効果を使用した場合、鼓砲の効果は完全に失われますか?
A:いいえ、完全には失われません。効果欄の「覚醒効果」より以前に書かれている効果は、そのまま発揮され続けます。仲間のキャラクターがその後に鼓砲を使用しなかったなら、その効果は3分(18ラウンド)継続します。

 

Q:仲間にウォーリーダー技能を持つ軍師が2人いたとします。名誉点の高いほうのキャラクター(鼓砲の優先権があるキャラクター)を軍師A、低いほうのキャラクターを軍師Bとします。
 軍師Aが1ラウンド目から1ランクの鼓砲【怒涛の攻陣Ⅰ】を使用し、軍師Bが2ラウンド目から同じ鼓砲を使用したとします。その後、2ラウンド目、3ラウンド目に、どちらも鼓砲のランクを1ランクずつ高めていきます。
 4ラウンド目に、軍師Aが覚醒効果のある【怒涛の攻陣Ⅳ:爆焔】を使用し、自身はその効果を受けて、そのラウンドに覚醒効果を使用しました。このラウンド、軍師Bは鼓砲の効果を3ランクとしています。
 その後、5ラウンド目に軍師Aは鼓砲の使用を停止します。そして軍師Bが【怒涛の攻陣Ⅳ:爆焔】を使用し、自身はその効果を受けることで、同じ覚醒効果を2ラウンド続けて発揮することは可能ですか?
A:はい、可能です。鼓砲の効果はいかなる場合でもいずれか1種の効果しか受けられませんが、軍師が複数いることで、上記の質問のような使い方は可能です。その際、優先権がどの軍師にあるかは、確認するようにしてください。
 上記の場合なら、さらに6ラウンド目に軍師Aが5ランクの鼓砲【怒涛の攻陣Ⅴ:颶風】を使用し、その効果が消滅した後、7ラウンド目に軍師Bが同じ鼓砲【怒涛の攻陣Ⅴ:颶風】を使用することで、自身は5ランクの効果を2ラウンド続けて受けることが可能です。


 

PR
Copyright (C) 2009 SNEのソード・ワールド2.0な日々, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]