忍者ブログ
『ソード・ワールド2.0』の制作日誌ブログ! ルールブックⅠ改・Ⅱ改・Ⅲ改、EXは絶賛発売中★
当ブログについて
 当ブログは、グループSNEが管理する、『ソード・ワールド2.0』制作日誌紹介、公式ブログです。
 SW2.0の商品、ルールに関するご意見、ご質問などはGroup SNE Official Siteまでお寄せください。当ブログに質問を送られても、それには一切回答いたしません。あしからずご了承ください。
 ブログに関するおたよりは、当ブログのメールフォームをお使いください。
 当ブログはリンクフリーとなっております。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
カウンター
★最新情報★
★2016年7月の新刊情報★
●『ソード・ワールド2.0 バルバロスブック』
著:北沢慶/グループSNE

★『ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット:拡張パック 妖精使い&拳闘士』好評発売中!★


ミストキャッスル他のリプレイを解禁!
一部サプリメント、シナリオ集のネタバレリプレイの創作を解禁しました
くわしくはコチラ
必ずお読みください

TweetsWind
お役立てください
■ダウンロード
シート類のPDFを無料でダウンロード
ダウンロードはこちらから

★最新版キャラクターシート
(富士見書房公式 TRPG ONLINE様より)

■お知らせ
★エラッタ
★Q&A
おたよりください
Powered by NINJA TOOLS

※ルールに関する質問等はコチラ→★
ブログ内検索
バーコード
[26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※ここに載せているデータは、開発中のものです。
※製品版とは異なる場合がありますので、ご了承ください。
※あくまでテストプレイレポなので、妙なノリですが、生暖かい目で優しく読んでください。


 《うかれドラゴン亭》で蛮族・レッドキャップ退治を依頼され、遺跡へ向かった一行。
 そこで首尾よく蛮族たちをやっつけるが、何やら怪しい手紙を発見する。
 「こちらは潜入に成功した。そちらも作戦を進めるべし」って何だ? どういうこと?
 ひとまず一行は……


マグマグ:
 レベルアップや~! GM、経験点くれ~!

GM:
 はいはい。どうぞどうぞ。


 それぞれレベルアップ作業を済ませ、それから《うかれドラゴン亭》に向かうことに。
 そして、店主に事の次第を報告した。


フンヌ:
 ということで、この手紙を発見したでござる。

店主:
 あー。これは問題だなー。最近、ぶっそうだねー。


 一行が開拓村に出向いている間に、城の掘りから首ナシ死体が発見されるというショッキングな事件があったらしい。
 これは一大事っぽいな。


店主:
 衣類を剥ぎ取られ、下着姿だったらしい。
 だから、誰の死体か特定できずにいるんだよ。

フンヌ:
 なんと! パンツ一丁でござるか!

エル:
 つまり、犯人は服だけを奪っていったということは……。

マグマグ:
 奪った服を着て、被害者になりすませている可能性があるなぁ。

ラドン:
 しかも、その犯人は下着を奪い損ねたんじゃから、ぱんつはいてない!

クック:
 鋭い推理です、ししょー!

GM:
 なんでやねん!

エル:
 ちなみに、パンツはトランクスですか?

GM:
 いや、もっさりブリーフだよ……って、何を言わせるか!


 そんな一行に、店主はこの国の女将軍・マグダレーナ(20代前半・独身)を紹介してくれる。
 彼女はこの国でもっとも強い将軍であり、蛮族の動きにも鋭く目を光らせている。
 きっと、彼女がこの問題に力を貸してくれるだろう、とのことだった。


店主:
 問題の手紙持ってマグダレーナ様のもとに行くといいだろう。
 そうそう。ついでにこの箱も届けてほしい。
 同じく国の将軍・サダウさまからの送りもので、届けるよう仕事が来てたんだ。
 報酬も払う。

エル:
 わかりました。仕事なら、喜んで。

フンヌ:
 マグダレーナ殿は今、国境沿いで騎士団の野外演習に出かけているのでござるな。
 では、そこに向かおう!


 つづく☆
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright (C) 2009 SNEのソード・ワールド2.0な日々, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]