忍者ブログ
『ソード・ワールド2.0』の制作日誌ブログ! ルールブックⅠ改・Ⅱ改・Ⅲ改、EXは絶賛発売中★
当ブログについて
 当ブログは、グループSNEが管理する、『ソード・ワールド2.0』制作日誌紹介、公式ブログです。
 SW2.0の商品、ルールに関するご意見、ご質問などはGroup SNE Official Siteまでお寄せください。当ブログに質問を送られても、それには一切回答いたしません。あしからずご了承ください。
 ブログに関するおたよりは、当ブログのメールフォームをお使いください。
 当ブログはリンクフリーとなっております。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
カウンター
★最新情報★
★2016年7月の新刊情報★
●『ソード・ワールド2.0 バルバロスブック』
著:北沢慶/グループSNE

★『ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット:拡張パック 妖精使い&拳闘士』好評発売中!★


ミストキャッスル他のリプレイを解禁!
一部サプリメント、シナリオ集のネタバレリプレイの創作を解禁しました
くわしくはコチラ
必ずお読みください

TweetsWind
お役立てください
■ダウンロード
シート類のPDFを無料でダウンロード
ダウンロードはこちらから

★最新版キャラクターシート
(富士見書房公式 TRPG ONLINE様より)

■お知らせ
★エラッタ
★Q&A
おたよりください
Powered by NINJA TOOLS

※ルールに関する質問等はコチラ→★
ブログ内検索
バーコード
[433] [432] [431] [430] [429] [428] [427] [426] [425] [424] [423
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆さんこんにちは。
先週の暫定Q&A第二十九回において、特殊神聖魔法【コンヴァージョン】の神の名称を誤って表記していました。
この場でお詫びさせていただくと共に、第二十九回の本文を修正いたします。
ご迷惑をおかけしました。

今週も暫定Q&Aを更新していきます。
今週は筋力が不足している武器、防具を扱う場合の処理についてです。



Q:筋力12のキャラクターが〈剛力の指輪〉(筋力+1)を装備した状態で〈ロングソード〉(必要筋力13)を装備しています。この状態で〈剛力の指輪〉を判定の達成値上昇のために壊してしまったり、任意で外してしまったりした場合、以下の数値はどのように処理されますか?
①命中力判定へのペナルティ修正
②回避力判定へのペナルティ修正
③そのほか行動判定へのペナルティ修正
④生命抵抗力判定・精神抵抗力判定・生死判定へのペナルティ修正
⑤移動速度
⑥防護点
A:指輪を壊した(または外した)時点で筋力が不足した状態となるため、基本的には「必要筋力の高い武器、防具を扱うとき」(⇒『Ⅱ』36頁、『Ⅱ改』40頁)に記載されている通りに処理を行います。回答は以下のようになります。
①筋力が1点不足しているため、命中力判定に-1のペナルティを受けて〈ロングソード〉による命中力判定を行えます。
②筋力が不足している武器を装備していても、回避力判定には影響を受けません。回避力判定はペナルティ修正なしで行えます。
③回避力判定と同様に、行動判定はペナルティ修正なしで行えます。
④回避力判定と同様に、生命抵抗力判定、精神抵抗力判定、生死判定はペナルティ修正なしで行えます。
⑤筋力が不足している武器を装備していても、移動速度には影響ありません。
⑥筋力が不足している武器を装備していても、防護点には影響ありません。
関連項目:【Ⅱ】【Ⅱ改】【アイテム】【行為判定】[武器]

※補足
 筋力が不足していても〈ディフェンダー〉などの防護点が上昇する装備を装備している場合、その武器による防護点上昇は有効となります。
 ただし、『EX』及び『アルケミスト・ワークス』を導入している場合、これらの防護点上昇効果は「ランク効果」と位置づけられ、その条件を満たす戦闘特技を習得していなければ効果がないことに注意してください。

 

Q:筋力12のキャラクターが〈剛力の指輪〉(筋力+1)を装備した状態で〈ハードレザー〉(必要筋力13)を装備しています。この状態で〈剛力の指輪〉を判定の達成値上昇のために壊してしまったり、任意で外してしまったりした場合、以下の数値はどのように処理されますか?
①命中力判定へのペナルティ修正
②回避力判定へのペナルティ修正
③そのほか行動判定へのペナルティ修正
④生命抵抗力判定・精神抵抗力判定・生死判定へのペナルティ修正
⑤移動速度
⑥防護点
A:「必要筋力の高い武器、防具を扱うとき」(⇒『Ⅱ』36頁、『Ⅱ改』40頁)に記載されている通りに処理を行うと「制限移動しか行えず、主動作を行えない」となります。今回は補足として、これらの判定などにどのような影響を与えるかを示しています。回答は以下のようになります。
①主動作が行えないため、通常の近接攻撃、射撃攻撃による命中力判定は行えません。【フェンリルバイト】など、補助動作で命中力判定を行うような行動をする場合、GMは「補助動作でも命中力判定は行えない」と裁定しても構いません。
②回避力判定にはペナルティ修正を受けません。ただし、GMはその状況を不自然と感じるようであれば、回避力判定は行えない(自動失敗として扱う)として構いません。その場合、この自動失敗によって経験点は得られず、「防御ファンブル」の選択ルールを採用しているなら、その状況を誘発するとしてください。
③回避力判定と同様、行動判定にもペナルティ修正を受けません。GMはその状況を不自然と考えるようであれば、行動判定は行えない(自動失敗として扱う)として構いません。その場合、この自動失敗によって経験点は得られません。
④ペナルティ修正なしで行えます。
⑤移動は「制限移動」に限られます。戦闘特技《足さばき》や鼓砲【堅陣の構え】などによる制限移動の増加は、そのまま効果を得られます。
⑥筋力が不足している防具を装備していても、防護点はその防具のものを用いられます。
関連項目:【Ⅱ】【Ⅱ改】【アイテム】【行為判定】[防御ファンブル][防具]

※補足
 回避力判定、行動判定における裁定は、GMとPC全員の総意に基づいて行うようにしてください。また、これらの処理に対して、すでに何らかの解決案が採用されていて、ゲームの進行に支障をきたしていないようならば、その解決案をそのまま用いることは、なんら制限されません。

PR
Copyright (C) 2009 SNEのソード・ワールド2.0な日々, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]