忍者ブログ
『ソード・ワールド2.0』の制作日誌ブログ! ルールブックⅠ改・Ⅱ改・Ⅲ改、EXは絶賛発売中★
当ブログについて
 当ブログは、グループSNEが管理する、『ソード・ワールド2.0』制作日誌紹介、公式ブログです。
 SW2.0の商品、ルールに関するご意見、ご質問などはGroup SNE Official Siteまでお寄せください。当ブログに質問を送られても、それには一切回答いたしません。あしからずご了承ください。
 ブログに関するおたよりは、当ブログのメールフォームをお使いください。
 当ブログはリンクフリーとなっております。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
カウンター
★最新情報★
★2016年7月の新刊情報★
●『ソード・ワールド2.0 バルバロスブック』
著:北沢慶/グループSNE

★『ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット:拡張パック 妖精使い&拳闘士』好評発売中!★


ミストキャッスル他のリプレイを解禁!
一部サプリメント、シナリオ集のネタバレリプレイの創作を解禁しました
くわしくはコチラ
必ずお読みください

TweetsWind
お役立てください
■ダウンロード
シート類のPDFを無料でダウンロード
ダウンロードはこちらから

★最新版キャラクターシート
(富士見書房公式 TRPG ONLINE様より)

■お知らせ
★エラッタ
★Q&A
おたよりください
Powered by NINJA TOOLS

※ルールに関する質問等はコチラ→★
ブログ内検索
バーコード
[384] [383] [382] [381] [380] [379] [378] [377] [376] [375] [374
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  以前このブログで回答したことで、再度質問が複数届いたので、改めて回答させていただきます。

 主に問い合わせがあったのは、「シナリオ集の内容を改変している場合は大丈夫なのか?」「『ツアー・リオス』のような、完全ランダムシナリオの場合はどうなのか?」といったものです。

 問い合わせの中には、「明確なガイドラインがほしい」というものもありました。

 あえて回答すれば、「事細かなガイドラインは設けるつもりがない」ということです。

 我々は、読者やユーザーの自由な楽しみや創作活動を阻害したいとは思っていません。
 正直なところ、シナリオ集のプレイログも読みたいと思っているぐらいです。

 ですが、既存シナリオを用いたリプレイやプレイログとなれば、ネタバレはもちろんのこと、リプレイやログを読むことで「ああ、楽しかった。ログで満足したから、もうこの本買わなくていいや」となってしまうことは避けられません。

 つまり、どこまでいってもガイドラインとしては、「商品価値を損なうようなことはしてはいけない」の一点に尽きます。

 たとえば、「ミストキャッスルの導入などを利用し、ミストキャッスルを舞台としたオリジナルシナリオをプレイしたログ」とか、「ツアー・ルーフェリアのシナリオソースを膨らませて、オリジナルのシナリオを作ってプレイしたリプレイ」などは、北沢個人の見解としてはOKだと思います。

 ただ、上記の例とてグレーゾーンであり、「いいか/悪いか」を問われれば、内容を精査した上で「ダメ」と答えざるを得ない場合もあるでしょう。

 とはいえ、読者やユーザーのみなさんが作る、二次創作物やリプレイ、プレイログを全部提出いただき、チェックすることは現実的に不可能です。
 なので、最終的には「商品価値を損ねていないかどうか」を自己判断いただき、あとは自由に創作を楽しんでいただければと思っています。

 ダメな例としては

「既存シナリオをそのままプレイしたリプレイやログ」
「シナリオの重要な真相を暴露するようなネタバレ行為」

 といったところです。
 SW2.0やSNE関連作品を応援する意図で、あるいは大好きすぎて同人誌やweb記事、動画などを発表する方々を、萎縮させたくはないのです。「どこまでならいい」「ここからはダメ」というのを事細かに決めると、がんじがらめになって自由な創作を楽しめなくなるのではないかと、僕は危惧しています。

 なので、当面細かいガイドラインは設けません。
 万が一、著作者の権利を侵害するような悪質な例があれば、報告いただければSNEや富士見書房さんなどで、個別に対応します。ですが、いちいち審査をするつもりはありませんので、基本的には楽しく自由に創作活動をしていただければと思っています。

 長々となりましたが、以上が北沢の見解と回答となります。

 あまり杓子定規に考えず、自由に楽しんでいただければと思います。
 これからも、ぜひSW2.0とグループSNEの作品を楽しんでいただき、応援してください。


 北沢慶
PR
Copyright (C) 2009 SNEのソード・ワールド2.0な日々, All right Resieved.
*Powered by ニンジャブログ *Designed by 小雷飛
忍者ブログ / [PR]